Q普通の梅干しと『寿』ってどう違うの?

こんにちは!

梅部のセイラです。

 

今日は、
寿梅干しの『秘密』について
寿社長こと「あんちゃん」に
お聞きしていきたいと思います!

 

 

:セイラ

「あんちゃん、よろしくお願いします。」

 

:あんちゃん

「よろしくお願いします。」

 

 

:セイラ

「寿の梅干しって
すごく美味しくて、
毎日食べさせていただいてるんですけど、

具体的に、
寿の梅干しって
他の梅干しと何が違うんですか??」

 

 

:あんちゃん

「大きな違いは、
塩ではなく”梅酢”で漬け込むという製法を採用していることですね。」

 

 

:セイラ

「梅酢ですか?あの酸っぱい液体の・・?」

 

 

 

:あんちゃん

「はい。本来、梅酢というのは、
梅を塩で漬け込んだ時に出てくる果汁なんですけど、

塩で漬け込むと
タンクの中で果汁が絞り出されてしまい、
いわば”ミイラ”のようになってしまうんですね。」

 

:セイラ

「確かに、昔ながらの梅干しって
カラッカラで酸っぱいイメージがありますね。
まさか、塩によって果汁が搾り取られていたとは・・・」

 

:あんちゃん

「もちろん、塩で漬け込んだ梅干しが
よくないわけではないんです。

美味しいですしね。」

 

:セイラ

「確かに、昔から大好きで
ほぼ毎日食べていた記憶があります。」
(→和歌山県民)

 

:あんちゃん

「ただ、梅本来の力を出し切れば
もっと美味しい梅干しが作れる、と
私が梅作りを教わっている”前田さん”は考えたんです。」

 

:セイラ

「噂の”前田さん”ですね。」

 

→こちらで紹介されているのが前田さんです!

 

:あんちゃん

「はい、前田さんは
塩によって外に出てしまう”果汁”を
もう一度梅の中に入れることによって
梅がさらに美味しくなると考えたんです。」

 

:セイラ

「ほへぇぇ〜!
一度外に出てしまった”果汁”を
もう一度梅の中に戻すことなんて可能なんですか??」

 

:あんちゃん

「実は、すごく難しいんです。

梅酢で梅を漬けるという製法は
これまでも多くの梅会社がチャレンジしてきました。

でも、どうしても成功しなかったんです。」

 

:セイラ

「そんなに難しいんですか・・」

 

:あんちゃん

「はい、梅の中に梅酢が上手く戻らなくて
梅がブヨブヨになってしまったり
カビてしまったりして・・・

結局、梅業界では
”梅酢で漬けるのは不可能だ”と言われていました。」

 

 

:セイラ

「不可能・・・」

 

:あんちゃん

「しかし、そこで諦めずに、
方法を模索し続けたのが前田さんです。

前田さんは、トライ&エラーを重ね
業界で唯一

”梅酢で漬ける梅干し”を完成させたんです。」

 

:セイラ

「す、すげぇ・・」

 

:あんちゃん

「はい、ものすごい方です。(笑)

前田さんは、そこからも研究を続け
”これこそが梅の力を最大限に活かした梅干し”
と思えるものを完成させました。」

 

:セイラ

「そんなの絶対に美味しいじゃないですか・・!」

 

:あんちゃん

「はい、物凄く美味しいんです。

ただ、これを商品として販売するには大きな壁がありました。」

 

:セイラ

「壁・・・ですか・・・?」

 

:あんちゃん

「はい、それは
普通とは異なる設備と、労力がかかる、ということです。」

 

:セイラ

「あぁぁ、それは確かに”壁”ですね。」

 

:あんちゃん

「梅を作る会社も、やはり”商売”ですから、
莫大な施設費用と人件費をかけて
梅干しを作ることに踏み出すのは難しい・・・。

しかも、
絶対に成功するという保証はない製法なので
大きな会社からするとリスクが大きくなってしまうんです。」

 

 

:セイラ

「なるほど・・・」

 

:あんちゃん

「それよりは、添加物を使って味付け梅にしたり
中国梅を大量に生産する方が
売り上げは高くなりますからね・・・。」

 

:セイラ

「確かに、以前勤めていた会社で
そういう梅を作り続けてましたね・・・。」

 

:あんちゃん

「前の職場が梅会社ですもんね(笑)」

 

:セイラ

「はい。(笑)」

 

:あんちゃん

「僕たち”ゆにわ梅部”は、
”本物の梅を後世に残していく”
ための梅作りをしているので

たとえ難しかったとしても
より、美味しい梅干しを作ろうと
チャレンジしているんです。 」

 

 

:セイラ

「そういうことだったんですね。

じゃあ、やっぱりなかなか上手くはいかなかったんですか?」

 

:あんちゃん

「もちろん、たくさんの苦労はあったんですが、
ありがたいことに、一年目からその製法に成功しまして・・(笑)

前田さんもビックリするぐらいの
いい梅干しが完成したんですよね。」

 

:セイラ

「すごい・・・」

 

:あんちゃん

「みんなの良い想いが詰まっているから
良い梅が育ってくれたんだと思います。」

 

:セイラ

「素晴らしいですね。

ちなみに、梅酢で漬ける製法だと
味としてはどのように変わるんですか?」

 

:あんちゃん

「梅って、みなさん

”すっぱい!!”っていうイメージがあると思うんですけど、
実は、梅干しにもさまざまな味の特徴があるんです。

コーヒーにも、
苦味、とか酸味、とか、コクってありますけど
あんな感じですね。」

 

 

:セイラ

「へぇ〜。梅干し=酸っぱいってイメージでした!」

 

:あんちゃん

「多くの方はそう思っていると思います。

でも、梅って本来は
甘さ、酸っぱさ、ショッパさなど
様々な味の特徴があって

その全てをバランスよく引き出して上げるのが
梅を作る人の仕事なんですよね。」

 

:セイラ

「はぁ〜考えたこともなかったです。
でも、確かに考えてみたらそうかも・・・」

 

:あんちゃん

「通常の梅干しは、
酸っぱさやショッパさがかなり目立ってしまって
他の味の特徴が薄れていることが多いんです。

寿の梅干しは、それらの味のバランスが
非常に良いので
まろやかで、ジューシーな
果実のような味わいの梅干しになっているんですよ。」

 

:セイラ

「確かに、僕も初めて寿の梅干しを食べたときは
”これが梅か!?”ってぐらい衝撃を受けましたね。」

 

:あんちゃん

「目を見開いて感動してましたもんね。(笑)

そう、梅って本来は
梅干しの力だけでめちゃくちゃ美味しくなるし
そのままの方が
栄養も、エネルギーも圧倒的に高いんですよね。

なのに、
変に人工甘味料とか、白砂糖なんかで
味をつけてしまうと
梅本来の力が発揮されないんです。

だから、ゆにわの梅部では
本来の梅の力を120%出し切れるような
梅作りにチャレンジし続けています。」
 

:セイラ

「そっかぁ、そんな凄い試みに
僕も参加させていただいてたんですね!

より寿の梅干しを作る情熱が湧いてきましたよ!!
さぁ!やりましょう!!今すぐに!!」

 

:あんちゃん

「そうですね。(笑)

もっともっと試行錯誤を続けて
より美味しい寿を追求していきましょう。」

 

:セイラ

「では、早速梅を作りにいきましょう!

あんちゃん、ありがとうございました!」

 

:あんちゃん

「はい(笑)ありがとうございました!」

 

 

二人は梅作りへ・・・

 

**

 

より、寿の梅干しが好きになった

梅部員、セイラでした!

 

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です