本格しそ梅干しの超簡単な作り方

こんにちは!

梅部員のセイラです!

 

 

今回は、

なんとなんと!

『本格しそ梅干しの作り方』

をお伝えしていこうと思います!!

 

僕たち〝梅部〟に梅作りを教えてくださっている

その道50年以上

〝梅の妖精〟こと『前田さん』が

前田さん

『寿のしそ梅干し』

を作る際に

伝授してくださった方法を

 

家庭でも簡単にできるように

工夫して

大公開しちゃいます!

 

 

では、早速お伝えしていきますね!

 

【用意するもの】

・白干し梅(1キロ〜3キロ)

・梅酢500〜1000ml

・赤紫蘇1キロ

・梅を漬けるための瓶・つぼなど

・ザル

 

 

まず、

しそ梅のもととなる

赤しそをご用意いただきまして

それを大体1キロ用意します。

(収穫する必要はありません。葉だけご用意くださいませ)

(写真は梅部の部長〝あんちゃん〟)

 

この赤しそには

アクが含まれていますから

これを取り除くために

〝飽和食塩水〟を使って

アクぬきを行いましょう!

(飽和食塩水:水1リットルに対し、350gほどの塩を入れて混ぜた水)

 

こちら、

45リットルの袋に

赤しその葉をいれ、そこに飽和食塩水(大体700ml)を投入して

小さくなるまで揉み洗います。

 


(▲こんな感じで袋に入れるとやりやすい)

 

すると、アクがしっかり出てくるので

一度、水気をとっていきます。

(脱水器があれば理想です!)

 

水気をとったら

同じようにもう一度

赤しそを同じ袋に戻して

飽和食塩水を加えて、揉み洗い

 

脱水して、

さらにもう一度

同じ工程を繰り返します。

 

つまり、

合計三度、飽和食塩水で揉み洗いを行うのです!

 

最後に

しっかりと、カラカラになるまで水を切り

カラカラになった赤しそに

梅酢をたっぷり投入!!

 

→寿の梅酢を一本まるまる入れると美味しい赤紫蘇が完成しますよ♪

 

馴染ませていくと

あら不思議。

 

あかーいしそ液がブワーっと出てきて

めちゃくちゃ美味しそう♪

それをそのまま

数日、冷暗所で寝かしていただきましたら

 

梅を漬ける瓶に

白干し梅(しそ1キロ分だと、3キロほど)としそ葉を

ミルフィーユのように

重ねて詰めていきます!

 

白干し梅は

ご自宅でつけているものでも

市販でご購入いただいたものでも

もちろん『寿(ことぶき)の梅干し』でも

なんでもオッケーです!

 

一般的なしそ梅と比べたら

多めに赤紫蘇を使っているのですが

それぐらいギッシリ赤紫蘇を詰める方が

梅の香りと、赤紫蘇の香りが融合して

香り高く、自然な味わいのしそ梅干しになります。

 

漬け込む時のコツは

一番上の段に

しっかり紫蘇がのっかかるようにすること!

 

上から下に液が落ちていくので

上の方が重要です^^

 

そのまま

1ヶ月ほど漬け込んでもらうと・・

 

あかーい紫蘇梅のできあがり!

 

 

これを

半日ほど

干したら、、はい完成!

 

美味しい美味しい

しそ梅干しです✨

 

家庭で干す場合は

ザルであったり

 

干し網をつかうのがおすすめです!

 

 

簡単で、しかも

めちゃくちゃ美味しいので

ぜひ、試してみてくださいね♪

 

では、

ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA