1.3トンの梅を洗って漬ける

梅干しの漬け込み

梅部のクーミンです。
今年もまた、梅洗いのシーズンがやってまいりました!

実はイチゴよりも足の早い梅。
収穫してすぐに漬けないと、
あっという間に熟しすぎてしまうのです。

この日は軽トラックに満杯の
1.3トンの梅が届きました!

梅部部員が大集合し、
1日がかりで梅洗い〜漬け込みの作業を行います。

和歌山県で収穫したばかりの、
特別栽培の南高梅。

周囲にいい香りが漂います。

一粒食べてみると、
みずみずしくて甘さ控えめのプラム
という感じでした。
(※青梅は大量に食べると中毒になることがありますのでご注意ください!)

流水で梅をコロコロ転がし、
表皮の細かい毛が水を弾かなくなるまで
しっかり洗います。

だんだん瞑想状態のように無心になってくる部員たち。

大自然に囲まれた施設で、
浄水器MISOGIを通したきれいな水で洗われて、
梅たちも気持ち良さそうです。

洗いあがった梅たち。

青いのは収穫してから1日目のもの。
2日目になると黄色く色づきます。

梅酢を加える特殊製法だから
青梅のままでも美味しく漬けられるんです。

梅酢と塩の入ったタンクに梅を投入。

朝から作業を初めて、夕方4時ごろには
無事に全て漬けることができました!

出来上がりは来年1月の予定ですので、
どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です