6/14 はじめて梅を洗う

ちこ店長と中江くん

 

こんにちは。

ゆにわ「梅部」のあずまです。

 

6月14日、はじめて和歌山から綾部に青梅が届きました。

初日だからということで、

花光さんが御自ら届けてくださったのです。

 

日の出とともに和歌山を出発したとしても、

綾部に到着するころには9時ごろになります。

 

だから、というか、しかし、というか、

大事な初日。

念には念を入れ、

前の日に出発して京都で一泊し、

朝一番に梅を運んでいただいたとお聞きしたときには、

驚いたのと同時に、感動しました。

本当に頭が下がります。

 

この日は、ちこ店長をはじめ、

たくさんの梅部メンバーと一緒に綾部に入りました。

はじめて梅を洗うという作業を、

しっかりと撮影するためです。

 

梅のプール

 

梅には、毛じ(もうじ)という産毛が生えています。

水滴をはじき、実をまもるためのものなのですが、

この毛じの中までしっかりと水をいきわたらせるため、

優しく手で撫でるという作業を行います。

 

すこしずつ、梅を専用のかごにとりわけ、

梅のプールのようにして、洗っていくのです。

ころころ、ころころ、という、

梅と梅がその身を寄せ合うような音がなんとも愛らしく。

時間が経つのを忘れます。

 

慣れないはじめての作業で、

丁寧に丁寧に洗ったのもあって、

すべての梅を洗い終えたときには、18時を回っていました…。

帰路につく頃には、ほぼ真っ暗。

 

次回は、

梅を洗ったあとの工程をご紹介します。

 

梅部 あずま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です